浮気調査

浮気調査 自分で-ボイスレコーダーの方法と注意点

ボイスレコーダーを使った浮気調査の方法と注意点

パートナーが浮気していると感じたら、どうしても確かめたい!と思うものです。

もし、浮気してたらどうやって証拠を?まだ浮気しているかもわからないのに探偵に頼むのはちょっと…と考える人も多いでしょう。

今回は、浮気調査のためにボイスレコーダーを使用方法について解説していきます。探偵に依頼するかどうかの判断もご参考に。

ボイスレコーダーを使った浮気調査とは

ボイスレコーダーを使った浮気調査では、当然ながら映像がありません。このため、浮気の事実は得ることはできますが、相手の詳細など会話のなかでわからない場合もあります。

ただし、録音した音声は裁判所などでも証拠として提出することもできますので、ボイスレコーダーが証拠として強力な武器になる可能性もあります。

どこで浮気の証拠を録音するのか?

 

自宅のリビングや寝室

浮気相手を連れ込んでいる可能性がある場合は自宅に仕掛けるだけで浮気相手との会話が録音できます。

女性が仕掛ける場合は比較的隠しやすいかとしれませんが、男性が仕掛ける場合は仕事に出ている間など、掃除をしている時にバレるといった危険性もあるので注意が必要です。

パートナーが使う車内の中

浮気相手に会いに行くのもホテルに行くのも車を使う可能性は高いと言えます。もちろん、浮気相手の車だった場合は空振りとなりますが、ドライブレコーダーと併せて使うのが効果的です。

ボイスレコーダーを使って浮気調査するときの注意点

絶対にバレないように仕掛ける

絶対にバレないように仕掛ける

もっとも大切なことですが、ボイスレコーダーは絶対にバレてはいけない!ということです。一度バレてしまうと警戒されてしまい、二度と証拠をつかめなくなってしまう可能性もあります。しかし、本当に頭のいい厄介な人は、ボイスレコーダーがあるに気づいて疑われているのを逆手に浮気を自粛することもあります。

ボイスレコーダーの使用場所には注意が必要

浮気相手の家や敷地内に入ってボイスレコーダーを仕掛けるのは不法侵入になり、違法です。また、公共の場所はグレーゾーンの場所もあり、まず安全に仕掛けるとると自宅か車の中、ということになるでしょう。

恋人の自宅にしかけるのもプライバシーの侵害になる可能性があります。同棲しているのであればいいですが、ただし、その場合も念のため、自分の私物の中に潜り込ませるように仕掛けた方がいいでしょう。

違法性の高い場所での録音は裁判所などでの証拠として扱ってもらえなくなる場合もあることを覚えておきましょう。

ボイスレコーダーの選び方

ボイスレコーダーは会議や授業の録音などにも使われるので、家電量販店やインターネットなどで誰でも手軽に購入することが可能です。

浮気調査に利用するボイスレコーダーは一般的な使用とは異なり、隠してもバレにくい画面がないものや超小型のもので録音時間が長いものを選びます。

ボイスレコーダーは一度仕掛けたら終わりではなく、電池切れなどを防ぐためにこまめにチェックする必要があります。

浮気相手と週に1度しか会わないとするならば、最高6日間は空振りとなります。

まだ仕掛ける前でもボイスレコーダーを購入したことがバレたら警戒されてしまう可能性があるので浮気調査をする場合には購入したレシートなどは残さないように!

重要:録音時間とバッテリー容量は最初にテストしよう

ボイスレコーダーを仕掛ける前に、必ず操作手順やどれくらい離れても録音できるのか、バッテリーはどのぐらいもつのかなどテストをしましょう。

家の間取りや家具の配置、車など同じものではなく、仕掛ける場所もそれぞれ違うのでネットがこうしたらバッチリ!といった情報はあくまで参考程度に。

ぶっつけ本番で重要な場面でバッテリーが切れ、録音ができていなかったとならないようにしてください。

浮気調査を自分で行うには限界がある

いかがでしたか?ボイスレコーダーを使って浮気の証拠を見つけることは読むと簡単に思いえます。ただし実際は非常に難しいものです。

あなたが自身がパートナーに「いつもと違う」と悟られるかもしれません。また普段なら絶対にしない間違いをしてボイスレコーダーが見つかってしまうかもしれません。

平静を装える人は稀なことを覚えておきましょう。嘘がすぐばれてしまう人も悪いことは言いません。早い段階で探偵に相談することをおすすめいたします。