浮気・不倫

女性が冷めたら終わり?浮気調査からの復縁は淡い夢

女性が冷めたら終わり?浮気調査からの復縁は淡い夢

夫婦が何らかの理由で一緒に生活が出来なくなり、別居することがありますが、離婚ではなく別居をするということは、復縁することができる場合もあります。

特に夫が浮気していた場合、浮気調査によって崩れてしまった信頼関係は婚姻生活の維持という問題において大きな支障となります。

探偵が提案する復縁するための浮気調査とは

浮気調査をする目的は浮気の証拠を押さえ、浮気相手が誰なのかを知りたかったり離婚や慰謝料請求することが大前提ではありますが、浮気をしているかどうかはっきりしない場合があります。

そういった際には「浮気が事実かどうかを知りたい」といったこともあり、まずは浮気の事実確認といったことがあります。

浮気をしているかははっきりしないが怪しい、でも浮気をしていたらどうしよう...離婚はしたくない...そういった人に対し、まずは浮気の事実をしって対処しましょう!といったものが復縁するための浮気調査といえます。

浮気発覚後の復縁は難しい

離婚はしたくない、復縁を望んでいるといった場合は自分が我慢すれば済むことかもしれません。

しかし、パートナーが浮気相手とセックスしていたと事実を忘れることはできず、好きであれば余計に考えたり、今でも関係が続いているかもしれないと疑心暗鬼になり、復縁してもギクシャクする関係が大半です。

どんな場合に復縁ができる?

浮気に限らずどんな内容でもやりすぎは問題外としても、借金やDVなどの場合は親族の助けにより問題が解決できた場合や共依存などにより復縁することはあります。

ですが油断はできません。

しっかり約束を守ってくれればいいのですが、再び借金をしたり直接的な暴力はなくなっても暴言などの精神的はDVなどの再発で別居や離婚に陥る可能性もあります。

女性は男性よりもシビア?気持ちはなくても夫婦

女性は男性よりもシビア?気持ちはなくても夫婦

復縁は女性側が望む場合は可能性が高くなりますが、男性が望む場合は女性が復縁を望む場合も可能性は低いと思ってください。

女性は気持ちが冷めれば一気に興味を失くしてしまいます。

男性は遊びで浮気をしても女性は本気になることが多く、離婚も別居もしていないが気持ちは既に浮気相手にいっていることでいつ関係が終了してもおかしくない夫婦はたくさんいるのが現状です。

では、あえて離婚をしない選択をするのはどんな時なのでしょうか。

離婚による経済的な不安

シングルマザーの貧困化がよく話題になりますが、際に離婚すると夫の収入で生活していた専業主婦は働きにでなければいけません。

反対に、収入が低い男性は共働きの妻がいたことで安定した生活をすごせていた場合もあり、一概に女性だけが不安になる問題ではないのかもしれません。

しかし、田舎からでてきて実家が離れている場合などもあり、元夫からの養育費も安定して支払われるとも限らず、女性側にとってのデメリットの方が大きいといえます。

子どもの生活と影響

片親で子どもを育てることは容易なことではありません。

今までは育児と家事に専念していた専業主婦や、分担して共働きをしていた人もこれからは全てを一人で行わなければいけません。

また、子どもの姓を変える場合や、周囲からの反応によって子どものメンタルに少なからず悪い影響を与えることは容易に考えられます。

子どもの為なら嫌いな男性とも一緒に住めるのが女性であり母親の強いところなのかもしれません。

漠然とした将来への不安

いつでも離婚してもいいけれど、今1人になっても明るい未来を送ることができそうにない。

このような場合、夫の収入を当てに生活し、新しい出会いを見つけたら一気に離婚まで話しが進む場合があります。

あなたは離婚予備軍?熟年離婚だけが問題じゃない

結婚生活に安心しきっているあなた、他人事だと思っていませんか?

女性の気持ちが冷めると元に戻る可能性はかなり低いです。

それは嫌いになったわけではなく、長年の生活の中で呆れられたり、何を言っても無駄だと思わせてしまううちに、どんどん気持ちが冷め、興味がなくなったといった方が正しいのかもしれません。

それは男性側にもいえることですが、「離婚しましょう」と言われるのは明日かもしれませんよ。