探偵コラム

まずは自分で浮気を見破る方法から証拠を探す手順

まずは自分で浮気を見破る方法から証拠を探す手順

最近、夫や妻、彼氏彼女などパートナーの様子がよそよそしい気がする、これってもしかして浮気?とそんな疑念を感じている方のために自分で浮気を見破る方法を紹介していきます。

確実に浮気の証拠を集めるには探偵に依頼するのがベストなのですが、本当に浮気をしているかまだはっきりわからない、浮気をしているのは確実なのにいつ、どうやって浮気相手と会っているのかわからないことで探偵の費用が高額になるといった問題も解決できます。

浮気を上手に隠すのは女性とは言えず、性格などに起因することは大きいですが、どんなに気をつけていたとしても絶対にぼろを出さないというのはとても難しいものです。

しっかり相手を観察して浮気を見破り、今後どうするのかをよく話し合いましょう。

自分で浮気を見破る方法

ロックするだけでは怪しいとは言えない?

ガラケー時代だった頃は携帯にロックをかけるのは怪しいといった考えが蔓延していましたが、近年では個人情報保護の観点からスマホロックをもはや当たり前になりつつあります。

特にiPhoneでは指紋認証、顔認証はデフォルトで実装されており、スライドしてロック解除だったのにいつの間にかといった考えは古いようです。

しかし、スマホのロック後、さらにLINEやSNSなどのアプリ自体にもロックをかけているのは怪しいと考えていいですが、なぜアプリにまでロックをかけているのか安易に聞いてはいけません。

スマホを失くしたり落とした時に見られたくないからなど、その場しのぎの回答が目に見えているので、怪しまれてるいかもと警戒されるくらいなら聞かない方がいいので、証拠が見つかるまで気をつけましょう。

メッセージの通知内容が表示されなくなった

浮気などやましいことがないときはLINEなどの通知にメッセージが出るようにしている人が多いと思います。

しかし、メッセージの内容にやましいことがあると内容を表示させなくなったり、普段からスマホの画面を下に向けて置くなど見えないようにしようとします。

メールやSNSアプリなどの通知は普通なのに、LINEなど特定のアプリに限って通知が出ないようにしたり、通知そのものをオフにしている場合も。

プライベートなことを職場の同僚や上司などに覗き見されたくないなどの場合もありますが、浮気やその前兆としては、一つの傾向になるので、よく観察しておきましょう。

トークの履歴があまりないように感じる

トークの履歴があまりないように感じる

パートナーから、怪しいことはないから見ていいよと言われ、LINEの内容を見せてもらえた場合や、LINEのパスワードを知って、こっそり見る場合でもトーク画面だけで判断してはいけません。

よくLINEの通知が来るのにトーク履歴が残っていない時は、削除しているか非表示にしている可能性があります。

非表示の場合は友達一覧からトーク画面を表示させたり、友だち一覧に知らない異性がいないか確認してみましょう。

友だち一覧から怪しい名前を探して、トークを押すと今まで非表示で隠されていたトーク内容が表示できるようになります。

その際には名前の横に通知オフのアイコンが表示されていないかも合わせてチェックすると良いでしょう。

写真フォルダはゴミ箱の中まで確認必須

まず、写真フォルダの中から写真、動画に浮気相手の写真やツーショット写真、性行為中の写真や動画がないのかチェックをしましょう。

浮気をする人はとても警戒しているのに、なぜか写真や動画を撮りたがるものです。そこには普段から一緒に過ごすことができない寂しさや背徳感があるのかもしれません。

もし、フォルダ内に写真が無くてもクラウド上に保存してスマホの端末内には残さないように配慮していたりと方法は様々。

しかし、消したつもりでもゴミ箱に残っていることがあるので忘れずにチェックしましょう。写真フォルダに異性とのツーショット写真が入っている場合や、性行為中の写真や動画が入っていれば間違いなく黒と言えるでしょう。

マッチングアプリだけじゃない、SNSアプリの確認

マッチングアプリは異性と出会うためのツールです。これが入っているということは、まだ浮気に発展していなくてもその気がある、異性と出会う状況下にあり、それを自身でつくっているということです。

ロックをかけていなくてもマッチングアプリが入っていたら要注意!また、マッチングアプリだけじゃない、LINE、twitter、Instagram、FacebookなどSNSアプリでも異性と出会うことができます。

その気はなくてもSNSで交流するうちに浮気に発展することもめずらしくはなくなってきました。

今現在浮気をしていなくても、これからしようとしている、相手を探している可能性がありますので、そういったアプリ内のメッセージや実際に会ったりしていないかなどの内容は要チェックです。

車も浮気デートに使うツールの1つ

浮気をしている場合、ほぼ使用するツールと言えば車。外を歩くより知り合いに見られる危険性も少なく、二人きりの空間を楽しむことができるからです。

最近、パートナーが車で外出することが増えたと感じている場合は浮気相手との待ち合わせ場所に行っているか、浮気相手を乗せている可能性が高いかもしれません。

いつもと違う行動がある場合は浮気の可能性がありますが、あまりにも汚いといったことがない限り、変に気を使って掃除したりすることはありません。

それでは車デートをしている場合の浮気を見破るのはどうしたらいいのか、それはカーナビとドライブレコーダーです。

カーナビには行先を検索した履歴が残ります、そこには普段パートナーとは行かないような場所が残っていることがあり、最近のカーナビは履歴を削除しても検索画面でスマホ同様に予測変換してくれる機種もあります。

そして、近年普及が進んできているドライブレコーダーは特に要確認!動画で残るため、確認がしやすいこともあり、車内を映していなくても、浮気相手との待ち合わせやホテルに入っていく場合はある意味決定的な証拠と言えます。

その分、浮気をしている側も警戒して履歴を消していたりしていることもあり、移っている場合は運に頼ることもになりそう。ちょっと行ってくると、どこへ行くにも車で出かけるようになったと感じている場合はいずれも確認しておきましょう。

浮気を見破る前にその兆候を見逃すな

どうでしたか?夫や妻などパートナーのさり気ない行動からも浮気の兆候を感じることはできますし、浮気をしている場合にはその証拠がどこかに残っているものです。

浮気をしている人は浮気相手との関係を隠すために警戒して気を配っているものですが、完璧に隠すことはできないものです。

何かおかしいなと感じた場合、それは浮気の兆候や浮気を隠すため気を配っていつもと違った行動に違和感を感じているサインなのかもしれません。

浮気が発覚して思わず質問攻めにしたり、暴言を吐いたりすることは証拠がないうちは絶対にしてはいけません。

浮気相手との関係を清算してしまったり、証拠がないことでそれ以上追求できず、離婚時に損をする可能性や親権を手放すことになることもあります。

もちろん、浮気をしている方が悪いのですが、相手の心が完全に離れてしまうと復縁は望めなくなりますので、相手を責める場合はまず自分の落ち度も考えて冷静になることが大事だということです。