探偵コラム

探偵業界の”初”あれこれを調べてみた!

探偵業界の"初"あれこれを調べてみた!

新しいサービスはどのような業界にもありますが、探偵業界での”初”はどのようなものがあり、どの探偵社が始めたことなのか知っていますか?

日本初の私立探偵|岩井三郎事務所

1895年に敏腕刑事であった岩井三郎氏が30歳の時に「日本にも私立探偵を!」という志から刑事を退官し、東京で日本初、最古の探偵事務所「岩井三郎事務所」を設立しました。

この頃は浮気調査がメインの今の探偵社と違って事件もののようなネタも扱っており、小説などに出てくる探偵社に近かったようです。

しかし、太平洋戦争で東京は焼け野原になり、岩井探偵事務所もいったん閉鎖になりますが、戦後再興します。大正時代初期に起こった「シーメンス事件」「花王歯磨密造事件」「古河炭鉱詐欺事件」「元満州馬賊伊達順之助による殺人事件」の解決に寄与し、弟子入りを志願してきた若き日の江戸川乱歩に「探偵に必要なのは推察力よりも粘り強さと根気だ」と追い返したともいわれています。

現在、岩井三郎事務所は株式会社ミリオン資料サービスとして存続しています。

日本初の民間による興信所|商工社(現東京商工リサーチ)

日本で初めての民間による興信所は日本初の私立探偵より僅かに早い1892年で「商工社」として創業、現在では現在では企業の信用調査を行う大手信用調査会社の東京商工リサーチ(TSR)の前身です。

その後、1900年に後藤武夫という人物が「帝国興信所」を創業、現在の帝国データバンク(TDB)の前身です。帝国興信所は日露戦争後の好景気による企業設立ブームから企業信用調査の仕事が一気に増加したことで大正15年には全国に54の拠点を持つ日本一の興信所となり、1981年に帝国データバンクに社名変更しました。

現在は帝国データバンク、東京商工リサーチと共に東京経済(TOKEI)の3社が企業信用調査のTOP3といえます。

ちなみに「帝国」「データバンク」を名乗る探偵社は複数ありますが、TDBの前身である帝国興信所とは無関係です。

探偵のFC展開と探偵学校|総合探偵社ガルエージェンシー

現在の探偵事務所の時代を変えたといっても過言ではないのが総合探偵社ガルエージェンシーです。

今では多くの探偵学校がありますが、ガルエージェンシーの「職業?・・・私立探偵」のキャッチフレーズは探偵に憧れを抱く多く人の目にとまり、現在のさまざまある探偵学校の先駆けとなっています。

また、FC展開は探偵業界では画期的で、今では一部の探偵社でFC展開を行っているところもありますが、知名度が高くなければ誰もFCになりたいと思いません。

これほど多くの探偵社をFC化したのはガルエージェンシー以外になく、それほど探偵社としての知名度が高いといえますね。

完全成功報酬制|Akai探偵事務所

2002年に探偵業界で初めて「完全成功報酬」を開始したのはAkai探偵事務所。

探偵の相談は無料だが、料金は前払いが当たり前、証拠がとれなくても失敗したわけではないので料金が発生するのは当たり前であった概念を崩した探偵社です。

依頼する側にとってはとても良心的であったが、定額料金ではなく、時間料金で加算されるために調査料金が莫大となるケースが頻繁に発生。

また、成功の定義も曖昧で悪徳探偵にも利用されてしまい、業界初導入したAkai探偵事務所が自社WEBサイトで注意喚起することとなった。

LINEで相談|ASUE総合探偵事務所

探偵へ調査の相談をする場合は電話や面談で現在の状況を詳しく話し、どのような調査方法でどれくらいの調査料金が必要かを算出します。

今まではメールでの問合わせや相談もありましたが、やり取りに時間がかかることもありました。

しかし、LINEでの相談はその場にいる相談員がすぐに対応できること、証拠になりえるものかどうかの判断もすぐに写真を撮って送るだけで判断してくれます。

また、相談だけに限らず、調査中のリアルタイム報告や対象者の急な動きに対する連絡も活用できることで、今ではどの探偵社もLINEを使った連絡方法を取り入れています。

LINEで相談

弁護士法人運営の探偵社|ALG探偵社

探偵と弁護士は協力関係にあるものの、依頼者がどちらに多くの料金を払うかといった水面下での衝突がありましたが、その弁護士が探偵社を始めたと時はとても衝撃でした。

探偵に高額の調査料金を払えば弁護士費用が、弁護士費用を考え探偵への調査料金予算を削れば証拠が撮れる前に資金が足りなくなるといった悩みを一気に解決したの相談-調査-弁護までを一本化した弁護士法人運営のALG探偵社。

調査後に1から弁護士に説明する必要もなくなり、どういった証拠が必要かまでを全て助言してくれるのは依頼者にとって時間的余裕もでき助かりますね。

探偵社オンライン相見積り|街角探相談所

街角探相談所は探偵ではないものの、探偵業界に精通したアドバイザーが全国100以上の提携の厳選した探偵社からぴったりの探偵社を紹介してくれるY.sアドシステムが提供するサービス。

探偵社を探すことはほとんどの方が初めてが多く、どうやって探せばいいのかわからないといった場合の手助けにはとてもいいサービスですが、審査基準が「公安委員会へ探偵業の届出をしている」「過去一度も行政処分を受けていない」「3~5年以上の調査員を保有」「弁護士事務所と提携」「裁判で利用できる調査報告書の作成ができる」の5つ。

探偵業の届出は当たり前として、行政処分ないが訴えられたことがある探偵社や弁護士事務所と提携の意味、裁判で利用できる報告書の定義など内容は少し曖昧なところもあり、提携する探偵社の技量は結局のところよくわからないのが現状。

使わなかった分返金制度|楓女性調査事務所

調査費用は前払いでも後払いでも提示された分かかるのが基本ですが、例えば電気料金やガス代などと同じように使った分だけというのはあるようでなかった料金体系。

1週間の浮気調査を依頼して初日で証拠が撮れてしまった場合、残りに日数分の調査は消化調査になり、場合によっては証拠が撮れたので以降の調査は終了といった探偵社も存在します。

この場合、使わなかった分返金制度を利用すれば残り6日分の調査費用は戻ってくることになるので運がよければ格安で調査が可能となります。

しかし、探偵社によって、早い段階で証拠を掴んでしまうと返金になりかねないので、撮れなかったことにして依頼者に報告する場合も考えられますので、特に探偵社のモラルが問われることになるサービスといえますね。

使わなかった分返金制度

空振り保証|ワイズ探偵事務所

浮気や不倫調査などの調査でたびたび起こるのが空振り。

この日に浮気をするだろうと泳がせてみたものの仕事の残業や友人との飲み会などせっかく調査をしたのに浮気相手と会わなかった日のこと。

こうなると一体いつ浮気をしているのかと疑問に思うことに必至ですが、この空振りを保証してくれるというから驚きです。

所定回数に限りといった制限があり、相談時には要確認だが、浮気する日を特定または誘導できる場合にはおすすめのサービスプランですね。

高齢者サポート|原一探偵事務所

最古参の探偵や超有名探偵社ではないが、知名度は高く、単体の探偵社で規模は最大といえる原一探偵事務所が行うのが高齢者サポート。

車の運転や普段行動、定期的な見守りサービスを探偵の目線からチェックすることで些細な変化にも気づけるというのがポイント。

近年、行政からの委託サービスによる見守りサービスもあり、探偵による高額な見守りサポートはサービスを受け入れない頑固な高齢者など向けにはいいが、広く拡大するものではないのかもしれません。

ビットコイン決済|探偵興信所ライフ・フロンティア

話題の仮想通貨(現暗号通貨)であるビットコインを決済サービスとして受け入れた探偵社。

未だ価格は安定しておらず、大きな振り幅により探偵社と依頼者のどちらが得になるかは不明なところもある。

調査員派遣システム|アイリス探偵事務所

探偵社向けのサービスである調査員の派遣は、調査員不足や経験不足からくる調査の質の低下を防ぐための斬新なシステム。

これにより独立したばかりの小さな探偵社でも依頼者の要望に応えることができるようになります。

チームワークの面ではやや不安も残りますが、人件費の減少による固定費削減が調査料金の低下に繋がればさらに嬉しいですね。

まとめ

探偵業界の初はどうでしたか?今回見られた業界初は大手から個人事務所までさまざまでしたが、探偵の歴史から新技術の導入、新たな取り組みなどもさまざまです。

何でも業界初!日本初!と言えば聞こえはいいですが、実際は初でもないことを少し言葉を変えて業界初!と謳っている業者も存在しているので注意は必要です。

しかし、業界で初めて導入するということは、これからの探偵業界や依頼者の事を考えたことから始まっているようなこともあり、探偵選びの1つの基準として見ておきましょう。