探偵コラム

探偵学校ってどのくらいあるの?料金などを調べてみた

探偵学校ってどのくらいあるの?料金などを調べてみた

世の中には様々な学校が存在し、浮気調査などをおこなう探偵にその知識や技術を学ぶための学校があり、探偵業界で初めて探偵学校を始めたのは総合探偵社ガルエージェンシーですが、今ではさまざまな探偵学校があります。

そこで今回、探偵学校はどんなことが学べる?料金は?どこがおススメ?といったことを調べてみました。

探偵になるには直接就職か探偵学校経由で

まず、探偵になるには探偵学校に通わなければいけないということはありません。

新卒で就職する際は誰でも未経験なのは当たり前ですよね?もちろん専門学校を出て資格をとるような美容師などとは比べることはできませんが、無資格でも就職して経験を積んで資格を取る場合もあります。なので、探偵社では未経験でも問題なく雇ってくれます。

この場合、探偵学校を運営しているのは、ほとんどが探偵事務所ですので、探偵学校を卒業して系列探偵社やほかの探偵社に就職する場合は探偵学校の卒業生という経歴は大きなプラス材料になります。

探偵のノウハウや必要な技術は独学では難しいですが、探偵学校では探偵に必要な技術を1から学べます。

探偵学校で学べるのってどんなこと?

探偵学校で学べるのってどんなこと?

尾行

探偵といえば尾行と張り込み。

刑事ドラマではないですが、探偵を知らない人にでもそう認識されているほど探偵の業務の基本中の基本です。

探偵学校では尾行についての講習や実演指導を現役の探偵から実際に学ぶことが可能です。

探偵社が運営する探偵学校では、実際に依頼を受けた浮気調査や素行調査の現場に同行することもあるようです。

100回の練習より1回の本番というところですね、ターゲットに尾行していることがバレてしまうとつきまといなどの軽犯罪法に該当することもあるので、尾行がバレないことは大前提です。

聞き込み

探偵には尾行や張り込みだけじゃなく、聞き込みなどもあります。

人探しや家出調査など、ローラー作戦のように聞き込みをおこなう場合と、友人や目撃者などから怪しまれないように情報を聞き出す場合など状況によってさまざまです。

探偵といえば尾行などの肉体労働や我慢などの忍耐力が大事ですが、咄嗟に状況を把握する思考力や判断力、推察力など総合的な能力にくわえ、コミュニケーション能力も必要とされる職業と言えるでしょう。

撮影技術

証拠に必要なものといえば写真や動画などの撮影ですね。どれだけ尾行が上達しても最終的に依頼者にとって必要なものは証拠です。

もし、写真や動画がうまく撮影されていなければ浮気や裁判資料などの証拠にはならず、依頼者にとっては何の為に依頼したのかわからなくなります。

一眼レフや小型カメラ、特殊カメラなどのほか、最近では写真より動画の方が情報量が多く、ビデオカメラが主流となっています。

法的知識

まず 初めに探偵には「探偵業の業務の適正化に関する法律」、いわゆる探偵行法があります。

この探偵行法には探偵業を始める際に管轄の都道府県公安委員会に届出をだすことなどのルールがあります。

また、尾行や張り込みの際に抵触するかもしれない法律や条例など一般的な法律の勉強もあり、探偵になりたい人にとっては知っておいて必ずメリットになるはずです。

探偵学校にかかる費用はどのくらい?

探偵学校のカリキュラムによって受講内容も変わり、期間は短くも長くもなります。

講習のみの探偵学校では、講師が一人に対して複数の受講者で講義を受ける学習塾のようなスタイルが一般的で、実習などはありません。

また、近くに探偵学校がなく、通えない場合には遠方から行う通信教育講座もあります。

どちらも受講料は100,000円未満に抑えられた低料金でていることが多く、ある程度の知識を得て、夫や妻の浮気調査などに役立てたいといった人が多いようです。

その反面、探偵になりたいと思っている方は探偵学校が運営する探偵社がいいでしょう。

実際に行っている調査に同行したり調査員が調査を行っている姿を見学する見学実習などもあり、200,000円から300,000円程が一般的です。

思った程高くもないですが、探偵学校によってカリキュラムは違ってきますので、費用にも差があるかもしれません。

探偵事務所の開業を目指す人の場合

探偵事務所の開業を目指す人の場合

将来、自分の探偵事務所を持ちたいといった独立開業を目指しているという人には、探偵や探偵業界、そして探偵社を運営していくうえで必要な法律の知識やノウハウ、撮影技術などより多くを身に着けたいと思っているはずです。

それには講習のみやテキストだけの探偵学校でのカリキュラムでは足りません。

そもそも、探偵学校を卒業しても一人前の探偵として使えるにはその人のセンスにもよりますが、最低半年から1年はかかります。

そのため、独立を目指す人は、講習と実習を同時に受けることができ、高い技術の習得ができる探偵学校を選ぶ傾向があり、受講期間も長くなるため費用は300,000円から500,000円程と高額になりがちです。

こんなにあった探偵学校

現在、有名な探偵学校は全国に何校あるのでしょうか。すべて紹介することは難しいですが、主な探偵学校の集めてみました。

ガル探偵学校
総合探偵社ガルエージェンシーが運営する探偵学校

Akai探偵学校
Akai探偵事務所

さくら幸子探偵学校
さくら幸子探偵事務所

MR探偵学校
総合探偵社MR

HAL探偵学校
HAL探偵社

T.I.U.探偵養成学校
T.I.U.総合探偵社

JDAD探偵学校
一般社団法人 日本調査業適正協議会

日本探偵学校
一般社団法人 日本探偵業協会

まとめ

探偵学校といっても運営母体やカリキュラムはさまざまで、ちょっと探偵のことを知りたい!パートナーの浮気を自分で調べたい!いつか探偵事務所を開業したい!など目的によって費用も大きく変わります。

探偵学校の特徴やメリット、選ぶ際のポイントは自分に最適なところを調べておくことが大事です。

探偵の選び方と同じように、探偵学校はどこも同じだということはないのですから。