浮気・不倫

お見合いパーティーは危険がいっぱい?婚活の罠に気をつけろ!

お見合いパーティーは危険がいっぱい?婚活の罠に気をつけろ!

お見合いなんて昔の話し、今の時代にお見合いなんて言うとまだそんなことあるの?と言われそうですが、気軽に参加できる婚活サービスとしてお見合いパーティーや婚活パーティーがあるのをご存知ですか?

男性でも3,000円程と安く、女性にいたっては500円のワンコインや参加費は男性から徴収するため無理でOKなんて婚活会社もちらほら。

しかし、そんな婚活サービスを悪用するとんでもない人がいることも知っておいてください。

婚活中なのに妻子持ち?

お見合いパーティーでよく聞く話しのひとつとして、実は妻子持ち、いわゆる既婚者だったということです。

実はこの婚活サービス、女性からは料金を取らなかったり無料にしていることで女性客のドタキャンや参加者の質の低下などから男性側の苦情なども多く、とにかく人が集まらなければスタートできないといった理由もあり、身元や職業の確認などしないといったこともよくあります。

そういったところを狙って、既婚の事実を隠して遊びにくる男性や、結婚詐欺のターゲットを探しにくるとんでもない男性まで呼び寄せることに。

しかも、大手の婚活サービス会社だから安全というわけではないのがさらに問題を悪化させています。

既婚者かもしれないチェックリスト

  • 左手の薬指だけ少し細い、もしくは指輪の跡や日焼けがある
  • 写真を撮らせない。一緒に撮らない
  • 人前でのデートを避ける
  • 自宅や職場を教えてくれない
  • イベントの日にデートができない
  • SNSに関心を見せない、アカウントを教えてくれない
  • 朝や夜など連絡のとれない時間帯がある
  • 香水など匂いがつくのを嫌がる

プロフィールは信じる前に一度疑う

恋愛の相手を探しにお互いが集まっている婚活サービスにおいて、相手を疑うということは必要?と思うかもしれませんが、よく考えてみてください、その相手とは今日初めて会ったということに。

結婚する気はないが遊びたい、偽名を使えば結婚していることはバレないだろうといった安易な考えをもった人を見抜くのも恋愛をするうえで大事なことです。

個人情報を公開し過ぎない

お見合いパーティーで出会った人とカップルになれたら、次会うのに連絡先を交換しますよね。

しかし、まだ出会って数時間程の相手に自分の情報を話し過ぎるのは危険かもしれません。

勤務先や家族構成、住所などを聞いてくるなら要注意、ストーカー気質がある場合や、怪しいビジネスの罠の可能性は否定できません。

自分の個人情報を守れるのは自分だけ、相手を信頼できるまでは小出しにすることに努めてください。

ネットワークビジネスというものを知ること

ネットワークビジネスというものを知ること

悪意を持って婚活パーティーに参加し、ターゲットを見つけようとする人を本当に怪しい人だと見極めるのは至難の業です。

それは相手も騙すのを悟られないように必死だからです。「この人、何か怪しい!」と気づくことができればいいですが、実際は個人的にやり取りやデートをする中で徐々に本性を現す場合や、騙された後に気づくことが多いものです。

代表的なものといえばネットワークビジネス、いわゆるねずみ講です。

気になる人から勧められたらついついその手口にはまってしまう、芸能人のブログで商品を宣伝するものに近いですが、ネットワークビジネスの恐ろしいところは自分でも気づかぬうちにハマってしまう可能性があるところです。

婚活パーティーに参加している人は仕事や私生活に対する不満を持っていることが多く、毎日を充実したものにといってネットワークビジネスへ勧誘してきます。

勧誘目的かもしれない人のチェックリスト

  • リア充アピールが強い
  • 職種と仕事内容がよくわからない
  • 年収の申告が高い
  • ハイブランドや高級車を好む
  • 夢を語るのが好き

婚活はほどほどに

お見合いパーティーや婚活パーティーなどに参加している人にとって、将来や結婚、幸せといったワードは人より敏感に感じるものです。

それをちらつかせ、結婚していることを隠して都合よく遊んだり、ネットワークビジネスや宗教の勧誘などに利用されることはとてもショックなこと。

そうなった時には気持ちも大きく落ちてしまうことになるので、婚活は出会いを求める中のひとつのきっかけ程度に考えておくことが大事なのではないでしょうか。