探偵コラム

自分で浮気調査しよう セルフ調査 自動車編

車の中から浮気の証拠を見つける方法とは?どこを調べたらいい?

もしパートナーが車をよく使う場合、車の中から浮気の証拠を見つけることができるかもしれません。もしパートナーを浮気を疑っている場合、自分でできる浮気調査をご紹介します。

セルフ浮気調査:自動車のここを見ろ

浮気を見破るにはここを見ろ!証拠が残る場所とは

浮気をしている人の証拠はどんなところに残っているのでしょうか。

シートの周辺

小物やアクセサリー、ライターなど落ちている場合があります。まずは入念に探してみましょう。また、ガムテープで髪の毛を採取しましょう。自分とことなる異性の髪の毛があれば浮気の可能性が高まります。後部座席も合わせて確認しましょう。

カーナビの履歴

浮気相手と遠出したり初めての場所に行く際、カーナビに行き先を入力したり、検索した履歴が残っています。しかしながら、そういったものは消去しているのが当たり前。

なので、逆にカーナビの履歴が不自然にリセットされていないか見てみましょう。普段は履歴が残っているのに怪しい日の翌日は決まって履歴がリセットされている場合もあるかもしれません。

灰皿の中の吸殻

浮気相手がタバコを吸う場合、灰皿を片付け忘れていれば中に吸殻が残っている場合があります。浮気相手もタバコを吸っている場合、異なるタバコが吸い殻にあるはずです。

また、タバコは吸わないが浮気相手の男性が吸う場合、灰皿がないので代わりに空き缶を灰皿代わりにしている場合もあります。パートナーがタバコを吸う場合は銘柄、吸わない場合は吸殻があるだけで誰かを乗せたことがすぐわかります。

ゴミ箱

ゴミ箱に証拠が残っている人はよほど脇が甘いと言わざるとえませんが。レシートなども明細に証拠になるものがあったりしますので、入念に調べることをお勧めします。

また、怪しいと思われる日の翌日に限ってゴミ箱がいつもきれいになっているのも注意が必要です。ゴミ箱は毎回変えるものがありません。吸い殻やシートにも当てはまる話ですが、不自然にきれいに保たれていることも疑ってください。

ドライブレコーダー

特に証拠として威力を発揮できるものすれば映像が残るドライブレコーダー。SDに書き込みされているので、引き抜いてコピーして戻しておけば気づかれることはありません。

また、昨日は出かけたのに、ドライブレコーダーの記録がないというのも不自然すぎるのでこれも注意が必要です。

まとめ

いかがでしたか?浮気の確たる証拠が出ない場合でも、パートナーの浮気している可能性がかなりの確度ではっきりすると思います。もし、上記のなかで証拠を見ることができたら、しばらく泳がせておき、探偵に本格的な浮気調査を依頼することをお勧めいたします。

もちろん浮気調査をせず、なんとか浮気をやめさせる方向にもっていることも手かと思いますので、よく考えて次の行動に移すことをお勧めいたします。