探偵コラム

コロナ禍に便乗する探偵の不倫広告とは

コロナ禍に便乗する探偵の不倫広告とは

新型コロナウイルスが猛威を振るう中、人との接触を控えたり家にこもりっきりで探偵業界にも相応の痛手があります。

しかし、その中でも「感染拡大防止やテレワークを理由に不倫が増えています!」といった見出しが。

不要不急の外出自粛で人が減っているのに不倫が増えているのは一体どういうことでしょうか。

コロナ不倫が増えたわけではない?

新型コロナの感染が拡大し始めた頃、探偵の広告には、在宅勤務やリモートワークで外にでる必要がないのによく外出するのは怪しんだほうがいいのかも。という言葉が増えてきました。

仕事場を選べるようになったせいで言い訳をしやすくなった、会社に行くと嘘をついて不倫相手と会っているパターンも増えている。

また、満員電車を避けるために遅い時間に帰宅するようになったなど、様々。

それは今までの不倫の言い訳をコロナ禍での不倫の言い訳に言い換えただけで、大きく不倫が増えたわけではありません。

コロナの影響で終わった不倫も

新型コロナからくる不安やストレスなどから不倫関係になることも増えています。

しかし、同様にコロナ禍で会えない寂しさやいら立ちから喧嘩別れ、感染予防への価値観の違いなどから不倫が終わったということも増えています。

始まった不倫と終わった不倫、どちらかが急激に増えたということはないとしても、不要不急の外出自粛や在宅、テレワークの現状から見ればコロナ不倫の方が増えているというのは疑問が残りますね。

なんでも怪しむ探偵って心が狭い?

なんでも怪しむ探偵って心が狭い?

探偵が、コロナ不倫の言い訳はこれ!と紹介する内容について、それって怪しむこと?と思うようなこともあります。

例えば、”会社が費用を負担してくれるからなどを言い訳に、ホテルのデイユース(日帰り)プランを使う”というもの。

自己負担であれば確かにそこまでする必要はあるの?と疑問ですが、会社負担なら仕事にも集中でき、密も避けれるので優良企業ではよくある話です。

また、”満員電車を避けるために遅い時間に帰宅する”といったことも、自己防衛や家族のことを考えた行動でもあります。

確かに、それを口実に不倫をする輩もいることいるでしょう。

しかし、なんでもかんでも怪しい怪しいという探偵の方が人の心はないのか?と思ってしまいますよね。

探偵に聞いて不倫が減りましたとは言わない

探偵は浮気や不倫が増えて喜ぶことはあっても、減って喜ぶことはありません。

不倫撲滅なんて謳っていても、浮気や不倫が減ることは仕事が減るのと同じことです。

本当に不倫が増えているのであれば、コロナ不倫調査○○%OFFやコロナ不倫をやっつけろ!といったキャンペーンをやる必要はないでしょう。

探偵に聞いたところで「コロナで不倫は増えているように思えます」と返ってくるのが関の山ですね。

不倫は確実に減っているが今後増える

浮気や不倫は何らかの形で接触せずには続くことのできないもの。

LINEや電話だけでお互い気持ちが繋がるプラトニックな関係は難しいので、いつか必ず会えることを前提に続けています。

そうなるとコロナ渦が長く続けばコロナ禍での不倫が今後確立され、新たな不倫の形が生まれることは必至。

その時こそ、今までの不満やストレスが一気に爆発し、不倫が増加する可能性は高いかもしれません。